コラム

飲食店を先払いチケットで応援しよう

ticket

ご存知の通り、このコロナ禍で飲食店や飲み屋が大打撃を受けています。

飲食店が減れば日本酒消費も低迷し、日本酒文化の衰退に繋がることは必至です。

それに、もっと根本的な感情の部分の話として、好きな飲食店には無くなってほしくない。仲のいいマスターやスタッフが困ってるのを、黙って見過ごすなんてできない。

というわけで、普段は日本酒ペアリングを研究するサイトですが、この状況下で少しでも飲食店支援の足しになればと思い記事を書きます。

先払い

クラウドファンディングや政府への署名運動など、いろいろな動きが出てきている中で、今一番効果的だなと思ったのはこの取り組み。

馴染みの店で美味しい料理やお酒を楽しみたい気持ちはあるが、今はその時じゃない。

誰もが隠れ感染者である可能性が十分にある中で、もし自分がすでに感染していたら…それが他のお客さんや店の人にうつったら…と考えると怖くてお店に行けません。

そこで、この先払いのアイデア。要するに先にチケットを買って、後日事態が収束したら、そのチケットを使って飲食しようぜ!という考え。

これなら、感染リスクを負わずにお店を応援できますよね。

すでに取り組みを始めた企業もあります。

さきめし

re:Dine 飲食店応援チケット

キッチハイク

「未来のお客さんになろう !」 #勝手に応援 プロジェクトはじめました。飲食店のために今できること。

KitchHike #未来のお客さんになろう

広島飲食店未来チケット

※広島限定です。

いずれも素晴らしいじゃないですか。興味のあるお店の方はぜひ登録してみてください。

自分でやっちゃうのもアリ

今なら手数料もかからないようですし、何よりお客さんが来店せずともチケット購入できるのは非常に大きな利点ですが、その反面、どうしても登録の手間はかかりますし、お客さんにアプリをインストールしてもらう必要もあります。

また、客側からすると、対象の店がこれらに登録してくれないことには、どうにもならない。

ですから、こういったことが煩わしいお店の方は、自分で数枚綴りのチケットを作っちゃうのもアリじゃないでしょうか。

最近は印刷会社も安いところいっぱいありますし。

別にカッコいいものじゃなくてもいいですよ。なんなら手書きでつくったのをコピーしたものでもいいじゃないですか。(偽造防止のためにスタンプなどを押す必要はあります)。

で、それをSNSなどで「先払いチケットはじめました」と発信するのです。もちろん、店頭でも告知して。

お店のファンはきっと買ってくれますよ!

デメリット

客側のデメリットとして、チケットを購入したはいいが使う前に店が潰れてしまうことがあり得ます。

この状況ですからね。その可能性は低くないでしょう。

お店としては、その場合にどういう対応をするかは明記しておかなければいけません。

そのまま払い戻せません、となるのが現実だとは思いますが、私はそれでもいいと思っています。

このアイデアはある意味、募金やカンパみたいなものです。見返りを期待しての事でなく、あくまで支援なんですから。

それにせいぜい1万円くらいの事でしょ。小さい金額とは言いませんが、その分、馴染みの店に恩返しできたと思えば痛くないですよ。私はそう考えます。

つうか、小さいこと言ってんなよ!こういうのは気持ち、心意気でしょう。

まとめ

これ、実はコロナが収まった後でも普通に使えるアイデアなんですよね。

チケットを先に買っておいて、友人にプレゼントするとか、いろいろ活用法は生まれそうな気がしてます。

まあ、それはともかく、今はまず、いろんなお店の方にこのアイデアを知っていただくことが大切です。

皆さんの馴染みのお店に是非提案してみてください。

それではまた!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう